水道管

24時間受付ている

住宅トラブルの中でも、特に水トラブルは早急に処置が必要です。そのため、水トラブルに対応している業者は、24時間体制で受付しているところも多いです。蛇口の水漏れ、トイレの排水つまりなどのトラブルに対応しています。

Read More...

原因を調べる

水道の水漏れが起きた場合は、まず原因を調べることが大切です。水が噴水のように吹き出ている場合は、水道管が破裂している可能性があります。これは、冬場によく見られる故障です。

Read More...

自分で直す方法

水回りのトラブルは、非常に多いものです。特にトイレの詰まりは、どの家庭でも体験したことがあるほど多いトラブルです。トイレの詰まりは、軽度の状態もあれば、重度な状態もあります。専門業者に依頼して直す方法もありますが、自分でトイレ詰まりを直すことができれば、経済的にも優しいですし、すぐにトイレを直すことができます。ただ、適当に直そうとしても直らないですし、悪化してしまう可能性があるので、注意が必要です。トイレ詰まりの直し方は様々ありますが、まず直す方法として最も行なわれるのが多いのが、薬品洗浄です。薬品洗浄をすることで、異物取り除くことができますし、詰まりを予防することもできます。薬品に含まれている強アルカリ性は、配水管の滑りを良くして、詰まりを防ぐ役割があります。やり方としては、薬品を投入したら、10分程経過して水を流してみ混ます。軽度のトイレ詰まり、これだけで直すことができます。一般家庭でよく行なわれる方法としては、ラバーカップを使った直し方です。ラバーカップで、トイレ詰まりを直す時には、詰まった原因をしっかり把握しておくことが大切です。その理由は、ラバーカップを使って、流すことができたとしても、固形物が配水管で詰まる可能性があるからです。その場合は、根本的な解決にはならないので、注意が必要です。

トイレ詰まりを自分で直すことができなかった場合は、専門業者に依頼した方が良いです。専門業者は、トイレ詰まりを直すプロですから、安全に解決してくれます。専門業者はインターネットで簡単で探すことができます。また、専門業者の口コミサイトなどを参考にすれば、人気の業者や、実績がある業者を簡単に探すことができます。トイレ詰まりに悩まされないためには、予防をすることが大切です。普段のトイレの使い方を見直すことで、予防をすることができます。まず、予防として挙げられるのが、ティッシュペーパーはトイレに流さないことです。同じ紙なので、ティッシュペーパーも流せると思っている人が多いですが、ティッシュペーパーの場合、水に溶けにくいので詰まりの原因となってしまいます。ですから、ティッシュペーパーは流さないようにしましょう。

自分で直せる

毎日の生活で何度も使う水道が水漏れした場合はとても困ります。もし水道水漏れが起きてしまっても、焦らずに対応出来るように事前に対応方法を確認しておく必要があります。簡単な水道水漏れの場合は自分で直すことも可能です。

Read More...

多くのメリット

水道水漏れを、業者に依頼して直すこともできますが、自分で直した方がメリットが大きいです。修理に必要な部品を購入するだけで良いですから、費用を抑えられるメリットがありますし、タイムラグを無くせるメリットもあります。

Read More...